カテゴリ:日々のこと( 47 )

便り

f0333437_23084097.jpg

桜の開花予想が飛び交う季節になりました。

そんな中、嬉しいお便りが。。。
学生時代の恩師
岐阜、多治見の小木曽紀彦先生が
岐阜県伝統文化継承者顕彰 
伝統工芸を受賞されました。

すっかりご無沙汰し
恩師に失礼しっぱなしの私にまで
わざわざ受賞の記念の品を
お送りくださいました。

キリリと背筋が延びる思いがいたします。
先生の背中を追い続け
憧れ続け
一生掛かっても
決して追いつけない大きな大きな背中です。


f0333437_23085190.jpg

確定申告書類もようやく片付き
ホッとしたのも束の間
子供が高熱を出し
教室をお休みさせて頂くなど
皆様にご迷惑をお掛けいたしました。

スケジュールも狂いっぱなしではありますが
注文品も少しづつでも
1歩づつでも
丁寧に。。
慌てない、慌てない。。
と独り言のように
呪文のように。。

f0333437_23085926.jpg

ご縁あって
赤坂の高級蕎麦懐石の店主より
ご依頼いただいた
とろろ汁用の
小碗のサンプル品に
先日ようやくGOサイン!
頂きました。

量産品のような整った形でない
歪みや不均一さ
手にした温かさを大事にされておられ
器と料理に深い愛情と
こだわりを感じる店主。

器の事もよく勉強されておられ
作り手もなお一層の
研鑽が求められます。

なんだか断然やる気が出てきました!
でも、1つづつ
1歩づつ。

花粉症との闘いもしばらく続きそうですが
体調も心も整えながら
佳き春を迎えたい、です、ね。










[PR]
by houjyouan | 2018-03-14 23:32 | 日々のこと

次へ

f0333437_16215690.jpg


町田市立博物館
企画展
〜美をつかうよろこび〜
無事会期終了いたしました。

アクセス悪い中
遠方よりお越しくださいました
皆様方
本当にありがとうございました。

博物館で
ガラスケース内のもの以外は
手に触れることのできる
はじめての試みの展示会でした。

f0333437_16220434.jpg

ワークショップや講演会なども
大盛況のうち
最終日を迎えることができました。

多摩クラフト協会の運営委員会の方々のお力に
深く感謝です。

以前の私なら
出展数が30点ほどの作品ならば
以前は準備期間が2ヶ月ほどあれば
なんとかなっていたことでしたが
今の状況下では
4ヶ月ほどの準備期間を要しました。

f0333437_16221159.jpg

陶芸教室の運営と育児に追われ
作家活動の時間がなかなか裂けず
これからその時間をどう捻出してゆくかが
今後の課題ですが
今の自分にしか作れない世界を
かたちにできたら、、と思っています。

先月は休日が2日だけで
少しのんびり、、、
といきたいところですが
確定申告が待っていて。。。

とっととやっつけて
次なる目標に向けて
シフトチェンジしてゆきたく思います。






[PR]
by houjyouan | 2018-03-02 16:38 | 日々のこと

年の瀬

f0333437_23184773.jpg

2017年も残りわずかとなりました。
久しぶりの更新で失礼しております。

瞬きをしている間に
一日が通り過ぎるような日々。

朝起きた瞬間から全速力で駆け出し
時間に追いかけられ
なんとか最低限の仕事をこなし
枕に頭を付けた瞬間に
記憶を失うよう毎夜。

でも、なんともいえない心地よい疲労感でもあったり。



f0333437_23183216.jpg

来年2月に、町田市立博物館にて
多摩クラフト協会の一員として
展示させて頂く機会に恵まれ
その作品制作に今年の10月から取り掛かって
いたはずなのですが、、、

制作の時間が捻出できず
会期まであとひと月と少しというこの時期にもかかわらず
イメージの3分の一も仕上がっておらず
静かに焦り始めている年の瀬でございます。。。

f0333437_23184044.jpg

そんな折り、火曜日クラスの久住則子さんが
アリスさんにつくって頂いた
クリスマス風ブーケを
プレゼントくださいました。

最近、アトリエの玄関の室礼も侭ならず
全てに余裕を無くしていることに気がつきました。

こんな時こそ、焦らない焦らない。
今の自分にできることを
出来る範囲で
最善を尽くすことしか出来ないのですから。。。

この状況でも、心を尽くして
ものつくりをするしかないです、よ、ね。

と、気づかせてくださった
クリスマスブーケでした。

今宵は細いお月様が綺麗です。
少し、いいアイデアが浮かんでまいりましたよ。

少しだけ前へすすめそうな気がしています。




[PR]
by houjyouan | 2017-12-21 23:36 | 日々のこと

宿題

f0333437_23115942.jpg

1ヶ月半ぶりの更新でご心配お掛けしております。

先月末に子供が体調を崩し
急遽教室をお休みさせて頂くなどして
ご迷惑をおかけいたしました。

子供が風邪をひく→私にうつる→子供が元気になる
→私だけなかなかなおらない→なおりきらないうちに子供がまた風邪をもらってくる→
そして私はもっと悪化する。

というサイクルに
この1年はまってしまっています。

でもってぎっくり腰も。
すっかり癖になってしまいました〜。
なんだかボロボロです(涙)。

と、情けないお話になってしまいましたね。

もう1つ、忙しさも加わり
体調を立て直す暇がもてず。。

夏休みの宿題!?に追われております。
あ、いえいえ私自身の、ではなく
この夏、小学生の
自由研究の制作にみえた子供さん達の
作品の仕上げ、窯焚きに
追われております。

あと1週間のうちに残りの作品を
焼き上げたく思います。

写真は久住則子さんがプレゼントくださった
トルコ桔梗。
なんて深みのある素敵な色でしょう!

心優しいアトリエの生徒さん達に
救われ助けられなんとかやっておりますです。

久住さん流の風邪の治し方(笑)
「気合い!」
これであと1週間乗り切りましょう!
気合いだ〜〜〜っ!

近況でございました。








[PR]
by houjyouan | 2017-08-17 23:27 | 日々のこと

鬼は外

f0333437_23053676.jpg

立春からはや1週間。
立春は春がはじまった第一日目、といいます。

立春の前には氏神様へお参りにゆきます。
今年もアトリエ近くの若宮神社へ。
節分の前日に慌てて玄関の室礼をし
恵方巻き、豆まきの準備もバッチリ!
と思っていた矢先に
子供が急性胃腸炎にかかってしまいました。
翌日にはケロっと元気になり
ホッとしたのも束の間
今度は私にもうつってしまったようで
一晩苦しみました。

f0333437_23052755.jpg

元、アトリエの看板猫のメルは
先日1年ぶりに持病の発作をおこし
お世話に明け暮れました。

まだまだ小娘のようなメルも
この春で15歳になります。
心臓に病気がみつかって
何度も発作にみまわりましたが
メルの気の強さが幸いしてか
毎回気丈に発作を乗り越え
弱音をはかずにいる姿に
胸を打たれます。

メルの姿からいつも勇気をもらい
私自身色々と考えさせられるものがあります。


アクシデント続きの日々ですが
身体からも心からも鬼退治。
一年みなが元気に健やかに過ごせ
たくさんの福が舞い込みますように。







[PR]
by houjyouan | 2017-02-12 22:39 | 日々のこと

what defines us is how well we rise after falling

f0333437_14222760.jpg

2016年も残り半月となりました。
瞬きしている間に過ぎてゆく一日。

今年は私にとって毎日が貴重な日々の連続で
文字通り目の廻るような日々のなかでも
発見と新鮮な驚きと
キュンキュンする対象物が増え
(子供と猫4匹と)
あたたかい思いを重ねて参りました。

アトリエの玄関に飾っているクリスマスリース。
数年前に作品展をさせて頂いた
清里萌木の村 ホテル・ハット・ウォールデンの
ラウンジにクリスマスリースの展覧会をやっていたことがありました。
「どんぐり博士」作
というこのクリスマスリース
ご希望の方には差し上げます、と張り紙がしてあり
一番最初に名乗りを上げた方にプレゼントすると決めていらしたそう。
たまたま一番乗りであった私のところにリースが贈られてきたのは
もう今から10年以上も前のお話。

f0333437_14223375.jpg

今年8月8日の未明
ショッキングなニュースが飛び込んできました。
萌木の村のビアレストラン、ROCKが全焼したと。

ROCKのクラフトビール
タッチダウンビールに惚れ込み
通い続けて16〜17年近く。
アトリエから中央道飛ばして日帰りで行ってきたことも度々。
(あ、日帰りの際は、温泉が目的で
ビールはお土産に買ってきましたよ、勿論。)

ドイツ旅行して本場のビールを飲んで感じたこと
日本のビール、ROCKのビールは本場ドイツに負けてない。
それどころか、繊細な泡立ちと、鼻に抜ける爽やかな風味は
ROCKのビールの方が勝っているのでは!と。

そのビールを製造していた
レストランの地下にある醸造所も灰になってしまったのですね。

不幸中の幸いにも
隣接するホテル・ハット・ウォールデンに延焼はせず
宿泊者や従業員の方も全員無事だったようです。


f0333437_14225190.jpg

 The Rock Reborn
生まれ変わるロック!

what defines us is how well we rise after falling
困難の後にどう立ち上がるか

KIYOSATO PRIDE
清里プライド!

f0333437_14224298.jpg
ロックの応援Tシャツを購入。

近い将来、家族揃って新生ROCKに
タッチダウンビールを
飲みに行く日を今から心待ちにしています。
(あ、勿論、子供は20歳になってから、です)

頑張れROCK!



[PR]
by houjyouan | 2016-12-15 20:22 | 日々のこと

雨に唄えば

f0333437_09060323.jpg

教室に通ってくださっている
黒岩徹さんがアトリエの庭に
紫陽花を植えてくださいました。

1年ごとに花を増やし
この雨の季節、目を楽しませてくれています。

鮮やかな色になるようにと
錆びた釘を紫陽花の根に埋めてくださったり
花が終わると翌年も奇麗に咲くようにと
剪定くださったり
マメに手入れをしてくださっているお陰で
アトリエの生徒さん達からも
色々なお宅のお庭で紫陽花を見かけるけど
方丈庵の紫陽花が一番美しいわ!
と褒めてくださいます。

この紫陽花を植えてくださって
7年になります。

この紫陽花は黒岩さんから
私への応援歌でもあるのです。
「雨ニモマケズ」と。

そして、その紫陽花の両隣には
長島とし子さんにお願いして分けていただいた
墨田の花火。
長島さんのお宅に咲く墨田の花火の
可憐な白い花の美しさにすっかり魅了され
一昨年、何本か分けて頂いて
今年はじめて花をつけました!

史上最大級にやってしまったギックリ腰も
ようやく痛みがとれ
今週はじめて菊練りと電動ロクロがひけました。
2週間かかりましたー。
いや〜キツかったです(涙)
そして健康の有り難さをヒシヒシと感じています。
痛みの和らいだ朝は
歌を唄い出したくなるくらい嬉しくて!!
生きているってスバラシイ!
とスキップしたくなる程(笑)。

来年も再来年も紫陽花は花を増やし続け
いづれ紫陽花寺のようになるのが
夢であります(笑)。












[PR]
by houjyouan | 2016-06-17 09:22 | 日々のこと

端午の節句

f0333437_23284315.jpg

アトリエを開設して16年目
今年ははじめて
ゴールデンウイークにお休みを頂いております。


連休もいよいよ後半の今日
五月五日は
我が子の初節句。

昨年制作していた
やきものの兜を室礼ました。

f0333437_23285231.jpg

金繕いの師、木村朋先生が貸してくださった祝い着(掛け着)。
「登り鯉」は「登竜門」として
とても縁起のいいものだからと
初節句のお祝いと
水天宮の神様にお礼参りの際にお借りいたしました。

マンション住まいの私たちには
鯉のぼりを掲げることは難しいので
この登り鯉の祝い着は端午の節句のいい室礼になりました。

***

端午の節句 に「鯉のぼり」を立てるようになったのは
江戸時代の中頃といわれています。

「鯉の滝登り」という言葉は
中国の黄河の中流に激流が連なった難所があり
そこは「竜門」と呼ばれていました。
下流からいろいろな魚が群れをなしてさかのぼってきますが
鯉だけが滝を登りきって竜になるという故事です。
このことから、鯉は立身出世のシンボルとされました。
(日本の行事、暦より)

***


f0333437_23284996.jpg

香りのつよい菖蒲は昔から薬草としてつかわれてきたそうです。
良い香りを放つことから邪気を祓う植物として
端午の節句では無病息災を願い
菖蒲湯に入ります。


また同じ音の「勝負」「尚武」に通じることから
江戸時代から武家の間では
男児の出生、出世を願うことにも結びつき
端午の節句に欠かせないものになったそうです。

こどもの日の今日は25度を越える夏日。
子供とはじめて地下鉄を乗り継いで水天宮まで
お参りに行ってきました。

折角用意しておいた菖蒲湯。
さすがにお出かけや暑さの疲れもあったのか
大好きなお風呂タイムに
ギャン泣きで菖蒲を握りしめたまま
離そうとせず(汗)。

とにかく大泣きしても何でも
健やかに逞しく育って欲しい
それだけです。。














[PR]
by houjyouan | 2016-05-05 23:28 | 日々のこと

激震の春

f0333437_23140741.jpg

教室を再開し早3週間。

約4ヶ月振りにお会いする生徒さん達と
不思議とそんなにお久しぶりな感じがせずに
同じ空間で過ごす懐かしいような
また新鮮なひと時。

私にとっても、また生徒さん達にとっても
ゆっくりエンジンをかけながらの
慣らし運転。

そんな矢先にあの激震が。。
父の故郷、九州熊本。

一回目の地震の直後
熊本に暮す従姉妹や
叔父さん、叔母さんの安否を確認できたものの
その後予想しなかった本震が襲い
また尋常でない回数の大きな余震が。。

3.11の時の事が思い出され
あの恐怖がいまだ続いているのかと思うと
なんというストレスと恐怖感でしょう。。

高校、大学生の頃
青春18切符を利用し
熊本の祖母のところに1ヶ月ほど滞在しながら
そこを起点に九州を旅してまわったことは
私の青春の貴重な1ページ。

今は亡き祖母や、叔父さん
従姉妹や叔母さん達にとてもよくしてもらい
熊本、阿蘇の色々な所を案内してもらいました。


4年前の秋に
大分空港からレンタカーを借りて
湯布院、阿蘇を旅しながら
熊本の祖母のお墓参りに訪れた
一人旅が思い出されます。

数年ぶりに再会した熊本市内に暮す
叔父さん、叔母さんや従姉妹のお姉さん。
とても優しく暖かでおおらかで。

久しぶりに訪ねた熊本城。
子供の頃から大好きな阿蘇の壮大な風景。

テレビの画面から映し出される熊本城の無惨な姿に
思わず涙がでました。



地震で亡くなられた方々にご冥福をお祈りすると同時に
被災された多くの方が
一日でも早く日常を取り戻されますように。

大好きな熊本に
少しでも恩返しができるように
微力ながらも
私にできること
考え行動してゆきたいと思います。






[PR]
by houjyouan | 2016-05-01 00:00 | 日々のこと

春一番

f0333437_10130864.jpg

2週連続で大荒れの週末でした。
春一番が吹き荒れ
2月としては異例の気温上昇。
春本番のような陽気で桜も早く目覚めてしまいそう。

昨年の4月、生徒さんに誘われ
アトリエ裏のたぬき公園の桜の木の下で
急遽お花見ランチをしたのが懐かしく思い出されます。

その日は、午後からアトリエの雨漏り修理で
お手伝いくださっている黒岩さんとともに
屋根に上がる予定で
一番酒豪な!?二人がノンアルコールでしたね(笑)。

f0333437_10131667.jpg

昨日、出産してからはじめてアトリエに立ち寄りました。

実に2ヶ月ぶり。
アトリエを開設してから
こんなにも長い間、留守にすることもなかったな。

留守中はアトリエのご近所に暮す黒岩さんに
時々はアトリエの窓を開けて空気を入れ替えて頂いたり
見回りをお願いしていました。

f0333437_10132057.jpg

が、教室休講中に
あれこれと修繕修理をしてくださっているようで
本当に有り難いことです。

テラスの床には防腐剤のペンキを。
粘土置き場兼作品棚にはニスを。
室内の床のはがれ落ちたペンキも
新たに塗り直してくださった後が、、
看板の下地板も全て
新しく作り替えてくださって。。

f0333437_10132404.jpg

この写真は昨年の春に撮影したもので
現在のアトリエは、生徒さんの作品も全てお引き取り頂き
ガラ〜ンとしています。

作品が無くなったこの機会に、ずっと気になっていた
作品棚の補強もしてくだいました。

f0333437_10132958.jpg

昨日、久しぶりに方丈庵に立ち寄った際
なんだかとても不思議な気分でした。

見慣れた風景、景色、土の匂い
全てが新鮮でそしてとても懐かしい。

この1ヶ月、育児に追われていたせいか
どこか違う世界で生きていたような感覚で。

帰れる場所があるって有り難いこと。

f0333437_10270397.jpg

黒岩さんは、大工仕事だけでなく
葛の蔦でジャングルのようだった
荒れ放題だった庭も手入れくださり
農夫仕事までしてくださっています。

3年連続でトマト、キュウリ
そして昨年は新たに種を蒔いた
ルッコラ、春菊も大豊作でした!

f0333437_10133245.jpg

先日、市の認可保育園の内定通知が届き
現段階ではまだ未確定ではありますが
春から教室再開の方向になりそうです。
本当のところ、我が子と
甘い時間をもう少し味わいたかった
というのが正直な気持ちではありますが
待機児童の多いこの時代に内定を頂けたのも
神様が早く仕事を再開しなさい、という
お達しかと、受け止めています。

まだ小さな我が子を預けるのも可哀想で
以前、教室に通ってくださっていた
現在2児の働く先輩ママさんに相談したら
「子供は親の背中を見て育つから」
という言葉に背中を押してもらった気分です。

そういえば、
何故アトリエに立ち寄ったかと言いますと、、
確定申告に必要な書類を取りに立ち寄ったのです。
提出期限ギリギリで焦っている習性は
親になった今も、学生時代の試験前の一夜漬けから
変わらないものですね(汗)。

もう少し、子供にカッコイイ背中を見せれる大人にならなければ(笑)。

具体的に教室再開の目処がつきましたら
順次みなさまへ
ご連絡させて頂きたく思います。





[PR]
by houjyouan | 2016-02-22 12:12 | 日々のこと

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

一病息災
at 2018-04-14 23:36

画像一覧

検索

外部リンク