人気ブログランキング |

カテゴリ:陶芸教室( 12 )

方丈庵の風景(アトリエの風景を動画でご覧頂けます)





多摩クラフト協会の漆芸家、上條宗長氏が
アトリエ方丈庵の風景を撮影、編集くださいました。
アトリエ方丈庵の雰囲気と
そこに流れる風を感じて頂けましたら幸いです。

by houjyouan | 2020-12-30 00:00 | 陶芸教室

スカーレット

スカーレット_f0333437_15323834.jpg

立春も過ぎ
寒い中にも春の日差しを感じるこの頃。
2020年も走り出し
はや1ヶ月。

中国の春節と重なり
連日のニュースは新型肺炎。
一日もはやく終息して欲しいものです。

そして
教室で2つ目に皆さん口々にされるのが
NHK朝ドラ
「スカーレット」

女流陶芸家
神山清子さんをモデルに
描かれた物語。


スカーレット_f0333437_15323462.jpg

大学生の頃に所属していた
「焼きもの研究部」
そこに指導くださった
伝統工芸士の小木曽紀彦先生。

岐阜、下呂の登り窯での夏合宿や春合宿。
また先生のお仕事場である
多治見の工房での作陶および穴窯焼成と
何度となく
窯焚きに参加させて頂けたことは
今となっては
貴重な本当に貴重な経験となっています。

朝、昼、晩と3つの班に別れ
シフトを組んで、窯焚きの番。
薪を割るところから
薪を窯にくべ
温度を上げてゆく。

最高潮の温度にあがると
窯の煙突からは炎が吹き出し
焚き口に薪をくべる時は
肌が露出していると焼けてしまいそうなくらいの
熱波と熱さ。

私たち学生は一日しっかり
8時間の睡眠が確保できましたが
小木曽先生は
ほぼ1週間、窯の脇で
ほんの少し仮眠する程度でした。

女子学生の私たちは
夜の番でも口数は減らず
遊び半分、気軽な気持ちで参加させて頂いていましたが
(ごめんなさい、先生)
先生は、真剣そのもの。
(当たり前ですよね)

火をたき続けた時間と同じ時間かけ
ゆっくり除冷し
窯出しに再度岐阜を訪れたこともありました。

スカーレット_f0333437_15324125.jpg

今から四半世紀ほど前の話しです。
そんな、つい最近でも!?
女性が窯焚きに参加することを
良しと思わない殿方がおられたことも事実です。

一言、二言、嫌味を言われたこともありました。
当時、お嬢様大学のお嬢様育ちの
私たちは一瞬理解できず
衝撃的な出来事の1つでもありました。

が、日本の伝統工芸の世界では
ほんの20〜30年前までは
(まだ現在も続いているかも知れませんが)
そういった
女性を忌み嫌う文化が根強くあることも事実です。

「スカーレット」
モデルとなられた神山清子さんも
草分け的な女流陶芸家として
道をひらいてくださり
今の私たちの恵まれた時代があるのだと
感じています。

画像は今年の初窯。
あ、初窯といっても
アトリエ方丈庵の窯は電気炉です。
炭化焼成といって
サヤと呼ばれる
耐火土でつくった陶箱の中に
たくさんの木炭やオガクズを入れ
酸欠状態にして焼成します。
(これを還元焼成とも呼びます)

スカーレットとは
緋色(ひいろ)のこと。


縄文のビーナスや
遮光器の土偶
ハートのビーナスなど
その素朴な雰囲気を出したく
焼き締めにて仕上げてみました。

サヤの中にも
火がはしり
所々に緋色が出ています。

この国宝級の土偶達の
著作権はどうなっているのでしょうかね?

古来からつづく
焼きものの途(みち)。

昨今、言われている
持続可能な、、、
というキーワード。

土も薪も無限ではなく
有限のもの。

次の世代にも繋げられるように
私も少しづつ考えてゆきたいです。





by houjyouan | 2020-02-07 16:46 | 陶芸教室

15周年の室礼

15周年の室礼_f0333437_10032382.jpg

アトリエのエントランスの室礼。
15周年のささやかなるしつらえです。

八王子にあるフラワーショップ・アリスさんに
見繕って頂いて
お花をセレクトして届けていただきました。

以前はアトリエからほど近い
豊田駅南口にお店を構えていらした時代は
月に2〜3回はお花を買いに
寄らせて頂いていたのですが
2011年に八王子へ移転されてからは
足が遠のいてしまっておりました。

15周年の室礼_f0333437_10033045.jpg

2012年のアトリエ方丈庵の作品展の際に
会場である西国立の無門庵ギャラリーまで
アリスさんにお花のアレンジをお願いしてから
またご縁が再開いたしました。

上の写真は昨秋の作品展のエントランスに飾らせて頂いたお花です。
アレンジは勿論アリスさんにお願いしました。

情熱のダリア。
とても素敵でした!

普段、アトリエの傘立てとして使用しているものを
花器として活け込んでいただき
ご来場いただきましたお客様からも
大変好評でした。

15周年の室礼_f0333437_10033958.jpg

薔薇は、花の大きさではなく
茎の長さで価値が決まるのだそうです。
アリスさんの薔薇はとにかく茎がなが〜いのです!
そして何より嬉しいのが
花持ちが良い事!
そして、国産品へのこだわりも。

でもなんといってもアリスさんのお花に対する情熱と
そのセンスに惚れ直す思いです。

15周年の室礼_f0333437_10035796.jpg

昨年、作品展の際にお花をお願いして以来
ご無沙汰してしまっていたにもかかわらず
15周年のお花をお願いしがてら
久しぶりにお店にご挨拶に伺うと
お母様の明子さんからは情熱の赤い薔薇を。
お嬢さんの正美さんからはカサブランカのミニブーケを
プレゼントしてくださり感激!

自宅の玄関を開けると
百合の甘く甘美な香りにうっとりします。

15周年の室礼_f0333437_10034712.jpg

とても仲の良い親子でお店を切り盛りされていらっしゃいます。
お母様の明子さんの
お花を愛するお気持ちと
その情熱には圧倒されます。

私も、明子さんのご年齢になられても
陶芸に対してあのくらいの情熱を持ち続けていられるように
次の20周年、30周年に向け
土と向き合ってゆきたく
気持ちを新たに思う秋の一日です。







by houjyouan | 2015-11-08 14:06 | 陶芸教室

十五周年 

十五周年 _f0333437_17555840.jpg

2000年11月5日
今日のような気持ちのよいお天気の秋の日
アトリエ方丈庵は産声をあげました。

お陰さまで今日
15周年を迎えることができました。

今秋、15周年イベントとして
アトリエにて作品展と
オープンアトリエやワークショップなどを
予定していたのですが
一身上の都合により
来年以降に延期させて頂くことにいたしました。

せめてものささやかな感謝の気持ちとして
お抹茶を一服おだししております。

十五周年 _f0333437_17562258.jpg


お茶請けは
丸山善策さんの奥様
礼子さんに特別にお願いし
今月は週代わりで
お菓子をつくって頂いております。

十五周年 _f0333437_17562881.jpg
今週は、月餅と薄皮まんじゅうです。

月餅は、私のリクエストで特別につくっていただきました!
礼子さんの月餅、感動的に美味しいのです♪
生徒さん達からも大好評で
奥様のお菓子のフアンの方が大勢いらっしゃいます。

薄皮まんじゅうも
餡子が絶妙な焚き具合でとても美味しいです。

十五周年 _f0333437_17563443.jpg

陶芸教室の制作の合間に一服して頂いております。
お抹茶は神楽坂のお茶屋さんのもの。

皆様への感謝と
お一人づつのお幸せを願い
お茶を点たせていただいております。

こちらは、金沢の大樋焼を模した
飴釉の茶碗。
十五周年 _f0333437_17563930.jpg

こちらの茶碗はこの秋の新作で
弱還元で焼成した鼠志野風の茶碗。

それにしても、感謝を込めて、、
といいながら
生徒さんの奥様へお菓子を発注させて頂くなんて
我ながら他力本願もいいところだなー
と半ば呆れております(笑)。

でもでも、私の下手なお菓子よりも
丸山さんの奥様のお菓子の方が
皆さん絶対に喜んでくださる筈(確信)!

お休みまであとひと月あまりとなりました。
皆様にはしばらくの間
ご迷惑をお掛けしてしまいますが
またの再開の日まで
のんびりお待ち頂けましたら幸いでございます。

すでに作業が終わられてしまった生徒さん達も
よろしければ一服なさりに
アトリエ方丈庵までお越しくださいね。
お待ち申しております。










by houjyouan | 2015-11-05 18:26 | 陶芸教室

お休みのお知らせ

****お知らせ****

2015年12月より産休に入らせて頂く予定です。
再開の時期は未定ですが
なるべく早くの教室の再開を考えております。
(2016年春〜初夏)
しばらくの間、ご迷惑をお掛けいたしますが
ご理解くださいましたら幸いです。
詳細はまた、こちらのページでご案内させて頂きます。




by houjyouan | 2015-09-01 15:15 | 陶芸教室

陶展を終えて

陶展を終えて_f0333437_15004700.jpg
アトリエ方丈庵 陶展  21名の陽と陰〜light and shade〜 にあたり


「教えることは教わること」

「育てることは育てられること」


七年前、アトリエ方丈庵の代表が私に代わりはじめての教室の作品展の際
ある生徒さんからお言葉を頂き、それ以降大事にしてきた言葉です。

その当時は、教室の仕事はお手伝い程度で
会社勤めをしていた私が、突然アトリエを引き継ぐことになったのが
ついこないだのような気がいたします。

生徒さん達と一緒に模索、切磋琢磨しながら
今回で6回目の教室の作陶展を迎えることができました。

回を重ねるごとに、おひとりおひとりの個性、アイデア、創作力が
より強く豊富になってきていると感じています。


作品展の準備期間中は、窯のスケジュールを組み
生徒さん達の作品を焼き上げることに一杯一杯の日々ですが
搬入を終えギャラリーに並んだ皆さんの作品を
ひとつひとつ見てまわる瞬間は、たまらなく幸せな時間となります。

生徒さんの作品が上手くいかない時などは特に勉強不足を痛感し
反省と自問と、自己嫌悪に陥ることもしばし。
ですが、ギャラリーに並んだ皆さんの作品ひとつひとつから
今迄やってきたことの方向性は間違ってはいなかったのだと
教えて頂いているような気持ちになります。

会期前の忙しい時は、つい忘れがちになってしまう先の言葉。
まさに、教えることは教えて頂くこと。
育てることは、自分自身を育てて頂いているのだと。

アトリエ方丈庵に集まる皆さんの存在とその手から生み出される作品が
今のアトリエ方丈庵をつくり、私を支え、さらに前へ
背中を押してくださっていることに心から感謝しております。


ここまで読んでくださいましてありがとうございました。
今後とも、アトリエ方丈庵をよろしくお願いいたします。
ご高覧誠にありがとうございました。



             2014年10月
                    アトリエ方丈庵主宰 くつわだりえ


陶展を終えて_f0333437_19154660.jpg

by houjyouan | 2014-10-09 19:27 | 陶芸教室

陶展最終日

陶展最終日_f0333437_15004211.jpg
アトリエ方丈庵陶展2014
~light and shade~
二十一名の陽と陰
無門庵ギャラリーにて
会期終了いたしました。

台風一過の青空のもと、最終日を迎えることができました。
足をお運びくださいました皆様へ
心から感謝申し上げます。

陶展最終日_f0333437_15003811.jpg
陶展最終日_f0333437_15411980.jpg
陶展最終日_f0333437_15003218.jpg
生徒さんのご家族、ご友人
また、毎回作品展に足をお運びくださっているお客様より
今年もたくさんのご意見、ご感想を頂きました。
生徒さん達おひとりお一人の個性的な作品に驚かれ
その世界観の素晴らしさをお褒め頂きました。

陶展最終日_f0333437_15002567.jpg
陶展最終日_f0333437_15002089.jpg
今回で3回目となる無門庵ギャラリーでの展示。
とても残念なのですが10月15日をもって
閉廊が決まっています。

4年前の2010年
アトリエの10周年と、故大松卓矢の遺作展を兼ねた
陶展をやらせて頂いてからの
短いお付き合いでしたが
とても思い入れのあるギャラリーさんでした。

私たちを受け入れ、そして成長させてくれた
素晴らしい空間、ギャラリー無門庵。

また、いつの日か開廊することを夢見て
私たちもさらに成長し、戻ってこれるよう
また気持ち新たに土に向かいたく思います。

応援くださる皆様のお気持ちに恥じることのないように
精一杯精進してゆきたく
搬出が終わり、振り返った際
同じに佇む無門庵ギャラリーに誓いました。

ありがとう、そしてしばらくの間さようなら。
ギャラリー無門庵に感謝を込めて。







by houjyouan | 2014-10-07 02:14 | 陶芸教室

陶展4日目 着物でカクテル

陶展4日目 着物でカクテル_f0333437_23290794.jpg
アトリエ方丈庵陶展2014
~light and shade~
二十一名の陽と陰
無門庵ギャラリーにて開催中

陶展4日目
本日もたくさんのお客様に足をお運びいただきまして
ありがとうございました。

お手伝いしてくれているミキちゃんに
今年も看板文字を墨で書いて頂きましたよ。
彼女の字がとても好きです。

陶展4日目 着物でカクテル_f0333437_23292681.jpg

こちらは、久住則子さんの展示スペース。
圧倒的な存在感と完成度。とびきりセンスが光ります。

方丈庵の生徒さん達は、久住さんの作品に憧れておられる方も多く
久住さんを目標に電動ロクロの技術に磨きを掛けようと
励んでおられる方もいらっしゃる程です。

骨董好きの久住さんのアイデアで古い時計盤と
自作の陶板とを組み合わせた作品を展示。
皆様からとても好評です!

陶展4日目 着物でカクテル_f0333437_23205953.jpg
作品展で初の着物デビューです。
お恥ずかしいのと、自分で着付けたボロが目立たぬよう
写真は小さく加工いたしました(笑)。


昨日、着付教室の忍子先生、ご自身で縫われた素敵なお着物を来て
作品展に足を運んでくださっておりましたが
すっかり写真を撮り忘れ
今日は、朝一、私たちの着付のチェックに駆け付けてくださった
忍子先生を真ん中に記念撮影。

着物を着ると、お店の人と間違えられる久住さんと私。
お客様にうっかり「トイレは何処でしょうか?」
と聞かれたことも(汗)。


陶展4日目 着物でカクテル_f0333437_01273064.jpg

今日はホテルのバーで乾杯です。

久住さんはジンベースの「ブルームーン」
うっとりする薫りと、シックな色合いが素敵。
私はラムベースの「XYZ」を。

大好きなジャズピアニスト、上原ひろみさんのピアノ。
その中で「XYZ」という曲があるのです。
これをアトリエで大音量で流し制作したり車を運転するのが好きで
そんなこともあり、最近はこのカクテル注文する機会が増えました。

名前の意味は、XYZ がアルファベットの最後であることから
「これ以上のものは作れない究極のカクテル」
という意味があるそうです。

他にも、同様の理由で、「もう後が無い」「最後の」
といった意味が込められているとする説も。

「最後の口説き文句」
という隠れた意味もあると
ある方から教えてもらったこともありました。

しかし、ホテルのバーで閉店まで
着物姿の女ふたり
よく呑みよく語り合いました。

陶展も残すところあと2日。
はやくも無門庵ギャラリーとの別れが名残惜しい秋の宵。





by houjyouan | 2014-10-05 02:31 | 陶芸教室

陶展3日目


陶展3日目_f0333437_23184370.jpg
アトリエ方丈庵陶展2014
~light and shade~
二十一名の陽と陰
無門庵ギャラリーにて開催中

今日は30度近い夏日。
お暑いなか、足をお運びくださいました皆様ありがとうございました。

ギャラリーでは、陶芸教室の制作風景や過去の陶展
また生徒さん達の手作り料理やお菓子画像のスライドショーを
流しております。

5〜6分ほどの構成ですので、作品をご高覧の合間に是非
ご覧くださいましたら幸いです。

陶展3日目_f0333437_23184907.jpg
無門庵でつくっているクラフトビール「カミカゼ」
こちらの名物beerです。
無門庵内のお食事処でも、またファクトリーカミカゼでも
つくりたてのビールがお楽しみ頂けます。
お土産用の瓶ビールもあります。

搬入の日から荷物の運搬で車で通っていたので
なかなか呑めなかったお酒ですが
今日は無門庵の天ぷら処「たけくらべ」で
「カミカゼ」ビール頂くために電車でギャラリー入りしました。

今日は夏のような暑さで喉がカラカラ〜。
お昼食べる時間がなかったのでお腹もペコペコ〜。
ビールが喉に吸い込まれてゆきます♪

フルーティーな味が特徴の「クリームエール」と
麦の焙煎香ばしい「アーバンエール」
リクエストすればハーフ&ハーフもつくってくれるそうですよ!

陶展3日目_f0333437_23185806.jpg
目の前で揚げてくれる天ぷら最高です♪

陶展も残すところ半分。
残り3日、無門庵ギャラリーでの愛おしい時間を
味わいつくしたいと思います。

皆様とお会いできますこと楽しみにお待ちしております。




by houjyouan | 2014-10-03 23:43 | 陶芸教室

初日

初日_f0333437_21573874.jpg
アトリエ方丈庵陶展2014
~light and shade~
二十一名の陽と陰

無門庵ギャラリーにて本日、無事に初日を迎えられました!

小雨ぱらつく肌寒いお天気のなか
足をお運びくださいました皆様ありがとうございました。

開廊30分前にギャラリー入りしたのですが
駐車場には見覚えのあるオレンジカラーのスポーツカー、
富士山ナンバーの車が既に停まっているではないですかっ!

富士山麓で制作していらっしゃる、陶友、和枝さんの車に間違いありません。
いつも初日一番に足を運んでくださいます。
河口湖から車飛ばして会いにきてくださいました。

初夏以来の再会。
太陽のような笑顔が印象的な大好きな作家さんです。


初日_f0333437_21573024.jpg


2年前の陶展の時にも装花をお願いしたフラワーショップアリス。
お花は新鮮で持ちがよく、オーナー親子のお人柄とセンスが好きで
よくお花を買っていました。
以前はアトリエ近くの豊田駅南口にお店を構えていたのですが
区画整理で3年前に八王子に移転してしまいました。

今年も、お花のアレンジをお願いしました。
傘立てとしてアトリエで使用している焼き物を花入れにし
生け込んで頂きました。

情熱的な色のダリアは黒鳥(こくちょう)という品種だそうです。

初日の今日、アリスの店主明子さんが
陶展に足を運んでくださいました。

作品をひとつひとつ丁寧に見てくださり
とても素敵な表現で感想を言ってくださり
とても感激してしまいました。

大好きな、そして憧れのお二人の女性がとても印象的な初日です。




by houjyouan | 2014-10-01 23:09 | 陶芸教室

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

スカーレット
at 2020-02-07 16:46

画像一覧

検索

外部リンク