<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年12月の予定

作品お引き取りの開講日(予定)

2015年
12月1日(火)10時〜13時
12月2日(水)10時〜13時 (同じ時間帯で教室も開講)
12月5日(土)11時〜14時
12月6日(日)10時〜13時(同じ時間帯で教室も開講)
12月8日(火)11時〜15時

お引き取りの際は、必ずご予約の上、ご来庵ください。
ご予約の無い場合、留守にしていることがございますのでご了承ください。

****お知らせ****

2015年12月9日より産休に入らせて頂く予定です。
再開の時期は未定ですが
なるべく早くの教室の再開を考えております。
(2016年春〜初夏)
しばらくの間、ご迷惑をお掛けいたしますが
のんびりと再開をお待ち頂けましたら幸いです。

詳細はまた、こちらのページでもご案内させて頂きます。




[PR]
by houjyouan | 2015-11-28 14:17 | 陶芸教室 開講スケジュール

NO CAT NO LIFE

f0333437_22101267.jpg
こんにちは。
黒猫通信担当のベリーに代わっての
久々の更新です。

上の写真は8〜9年前に
自宅の庭にひょっこり現れ
野良猫と家猫半々生活の頃のベリー。

まだまだ幼さが残っていますが
生後、半年頃でしょうか。
新品の首輪がユルユルですね(笑)

この数ヶ月前に最愛の黒猫フェイを
亡くしたばかりだった傷心の私には
ベリーの出現はまるでフェイの生まれ変わりのようで
おとぎ話のようでした。

この時から、ベリーは私には一番の可愛い
小さなパートナーです。

f0333437_22091165.jpg

この写真はメルが
アトリエ方丈庵の押入の中で産まれて
1〜2週間の頃でしょうか。

メルの母猫のジジが
夏座布団を収納していた段ボールの隙間に産んだのが
今から13年前のみどりの日。

朝、アトリエに出勤すると
押入の中からか細い
「ミャーミャー」という仔猫の声が聞こえてきました。

f0333437_22092852.jpg

6匹の大家族の中
スクスクと天真爛漫に成長したメル。

たくさんの生徒さん達にも見守られながら
成長したせいか全く人見知りもせずに
人間が大好きな猫に。

生徒さん達が用意した作陶用の手桶の水を
作業台にのぼっては
片っ端から呑んで廻る姿がとても印象的でした。

6匹もの大家族でしたが
里子にだしたり、皆、早生だったり
最後にはメル一匹に。

夜遅く、個展準備で搬入を終えてアトリエに車で戻ると
雨の中を駐車場まで迎えにきてくれるような
心優しい子です。
私には最良の仕事のパートナーでもありました。

f0333437_22084045.jpg

アトリエの道具入れの上がお気に入りの場所。
川崎毅先生の猫のオブジェの横で。
メルが2〜3歳の頃。

アトリエをいつも守り
私の仕事を応援してくれる最強のサポーター。

アトリエ方丈庵の看板娘として
10年間立派につとめてくれました。



f0333437_22090107.jpg

3年前に心臓の病気がみつかり
看板娘は引退して
現在は自宅で家猫としてのんびり過ごしています。

先週、4回目の発作をおこし
ハラハラヒヤヒヤしましたが
メルは今回も驚異的な生命力で
気丈に発作を乗り越えてくれました。

決して弱音を吐かず
人間を責めたり疑ったりすることのない
メルの姿から
さまざまな事を学ばせてもらっています。
そして、どんなに助けられ、救われて、
そして心を柔らかくしてもらっていることでしょう。

これからもず〜っとずっ〜と
我が家のアイドル猫として
元気で長生きして欲しいです。

猫の居ない人生なんて!




[PR]
by houjyouan | 2015-11-22 15:59 | 黒猫通信

15周年マンスリー

f0333437_12451132.jpg

立冬も過ぎ、はやくも年の瀬の声が聞こえてきました。

産休まであと2週間近く。
その前に皆さんの作品を焼き上げるべく
タイトな窯スケジュールをこなしております。
(個展前よりもハードだったり、汗)

アトリエ方丈庵15周年の感謝を込め
今月は丸山さんの奥様に
お菓子を特別にプロデュース頂き
制作頂き皆様へ召し上がって頂いております。

第二弾は酒粕まんじゅう。
方丈庵の焼き印入り。

f0333437_12451714.jpg
制作の合間に
お抹茶を一服差し上げております。

お抹茶茶碗は
半磁土に真珠ラスター彩を施したもの。
茶碗には珍しいキラキラとした雰囲気に。

一口頂くとほんのり酒粕の薫りが!
餡子の甘さも控えめに
とても美味しい酒粕まんじゅうです。



f0333437_12452435.jpg
そしてそして最終週の創作お菓子は、、、
ご来庵になってからのお楽しみ♪


今日も、大きな窯では素焼き窯
小さな窯では土鍋窯を
乾燥が甘い状態での焼成に
ハラハラドキドキ。
心臓と胎教によくない気もいたしますが(笑)

残り2週間、皆様のご来庵をお待ちしております。



[PR]
by houjyouan | 2015-11-18 12:59 | Cafe方丈庵

秋の薬膳

f0333437_18335745.jpg
濱名由美さんによる薬膳講座。
昨年末に冬の薬膳講座を開催して頂いてから
春夏秋冬を通し今回で4回目。
今回のお題は「秋の薬膳」。

「ゆく河の流れは絶えずして
しかももとの水にあらず」

鴨長明の方丈記の一節から講座がスタートしました。

「自然の営みが留まる事のないように
人も常にかかわってゆきます。」

薬膳の基本の心構えを知る言葉。

まずは、キンモクセイのシロップ漬けのお茶をいただきます。
レモンのスライスを一緒に。
キンモクセイは気をめぐらせ温め
レモンは潤わす効果があるそうです。

キンモクセイの小さな花弁が可愛らしく
レモンの香りがさわやかなお茶でまずは喉を潤わせます。

f0333437_18340467.jpg
今日のメインディッシュ。
薬膳粥
題して「秋の潤い粥」

日本のお粥と根本的に異なることが多く驚きでした。

薬膳の世界では、お粥は米の煎じ薬という考え方があり
湯気さえも逃さずに調理をするのだそうです。
お粥を焚く土鍋には蒸気穴はないそうで
8リットも入る大鍋で蒸気を逃さないように
そして吹きこぼさない様に焚くものだそうです。

私のつくった土鍋は3合焚きで
薬膳粥には少々小さめ。
勿論、蒸気穴もあるため
本来の薬膳粥には適していないと思うのですが
蒸らし時間も含め弱火で1時間ほど焚いて完成です。

うるち米ともち米を使用。
松の実と百合根入り薬膳粥です。

f0333437_18341446.jpg

飾り付けに胡桃を添えて。
胡桃は腎を強め、肺を温め、健脳効果も期待できるそうです。

松の実は肺を潤し、お通じをよくし
咳と止めて、血を補う効果が。

そして百合根は松の実と同じく肺を潤し
咳と止め、リラックス効果が期待できるそう。

ブタクサ花粉に苦しんだ私にとって
養生食にはもってこいの食材です。

全く塩分は入っていないのですが
お米本来の甘さがとても際立っていて
そこに百合根のホクホクした甘さと
松の実と胡桃の香ばしさがアクセントになり
慈愛に満ちた優しいお味です。

米の煎じ薬、という意味が
よくわかる1膳です。

油を使用する中華粥とも異なり
さらっと平らげてしまいました。

f0333437_18341940.jpg

他に、豆腐の味噌漬け。
柿と椎茸とエリンギのマリネ。
小松菜の煮浸し。

プレートに秋が一面にひろがります。
盛りつけもとても美しい!

潤い効果期待できそうな食材ばかり♪


f0333437_18342368.jpg

デザートは杏仁の生クリーム仕立て
イチジクを添えて。
今日のメニュー、はじめての動物性のものです。

今回の生徒はNさんと私の二人だけで
濱名さんには申し訳なかったのですが
とても贅沢な講座でした。

少人数ということもあり
それぞれの体質を知り
それについてもアドバイスを頂きました。

「食べることは生きること」
一年を通して、季節の食養生をご指導いただきました。

濱名さんのご指導のお陰で
子宝体質に改善できたのではないかと
とても感謝で一杯です。

四季の薬膳は1クール終了となりましたが
これからも細々とでも長く
ご指導くださいましたら嬉しいです。

濱名由美さんによる薬膳講座
(inアトリエ方丈庵)
ご興味がおありの方は
単発での講座も受けてくださるそうです。
来年春以降、教室の再開の折に
また企画して頂きたく思っています。

話しは変わりますが、
アトリエ方丈庵は
鴨長明の「方丈記」から命名したアトリエ名です。
講座冒頭の「ゆく河の流れは、、」という
濱名さんの言葉に
少々運命を感じてしまう私でした。

「薬膳が、皆様の笑顔に繋がりますように。」
(濱名さんのお言葉より)









[PR]
by houjyouan | 2015-11-11 18:53 | Cafe方丈庵

15周年の室礼

f0333437_10032382.jpg

アトリエのエントランスの室礼。
15周年のささやかなるしつらえです。

八王子にあるフラワーショップ・アリスさんに
見繕って頂いて
お花をセレクトして届けていただきました。

以前はアトリエからほど近い
豊田駅南口にお店を構えていらした時代は
月に2〜3回はお花を買いに
寄らせて頂いていたのですが
2011年に八王子へ移転されてからは
足が遠のいてしまっておりました。

f0333437_10033045.jpg

2012年のアトリエ方丈庵の作品展の際に
会場である西国立の無門庵ギャラリーまで
アリスさんにお花のアレンジをお願いしてから
またご縁が再開いたしました。

上の写真は昨秋の作品展のエントランスに飾らせて頂いたお花です。
アレンジは勿論アリスさんにお願いしました。

情熱のダリア。
とても素敵でした!

普段、アトリエの傘立てとして使用しているものを
花器として活け込んでいただき
ご来場いただきましたお客様からも
大変好評でした。

f0333437_10033958.jpg

薔薇は、花の大きさではなく
茎の長さで価値が決まるのだそうです。
アリスさんの薔薇はとにかく茎がなが〜いのです!
そして何より嬉しいのが
花持ちが良い事!
そして、国産品へのこだわりも。

でもなんといってもアリスさんのお花に対する情熱と
そのセンスに惚れ直す思いです。

f0333437_10035796.jpg

昨年、作品展の際にお花をお願いして以来
ご無沙汰してしまっていたにもかかわらず
15周年のお花をお願いしがてら
久しぶりにお店にご挨拶に伺うと
お母様の明子さんからは情熱の赤い薔薇を。
お嬢さんの正美さんからはカサブランカのミニブーケを
プレゼントしてくださり感激!

自宅の玄関を開けると
百合の甘く甘美な香りにうっとりします。

f0333437_10034712.jpg

とても仲の良い親子でお店を切り盛りされていらっしゃいます。
お母様の明子さんの
お花を愛するお気持ちと
その情熱には圧倒されます。

私も、明子さんのご年齢になられても
陶芸に対してあのくらいの情熱を持ち続けていられるように
次の20周年、30周年に向け
土と向き合ってゆきたく
気持ちを新たに思う秋の一日です。







[PR]
by houjyouan | 2015-11-08 14:06 | 陶芸教室

十五周年 

f0333437_17555840.jpg

2000年11月5日
今日のような気持ちのよいお天気の秋の日
アトリエ方丈庵は産声をあげました。

お陰さまで今日
15周年を迎えることができました。

今秋、15周年イベントとして
アトリエにて作品展と
オープンアトリエやワークショップなどを
予定していたのですが
一身上の都合により
来年以降に延期させて頂くことにいたしました。

せめてものささやかな感謝の気持ちとして
お抹茶を一服おだししております。

f0333437_17562258.jpg


お茶請けは
丸山善策さんの奥様
礼子さんに特別にお願いし
今月は週代わりで
お菓子をつくって頂いております。

f0333437_17562881.jpg
今週は、月餅と薄皮まんじゅうです。

月餅は、私のリクエストで特別につくっていただきました!
礼子さんの月餅、感動的に美味しいのです♪
生徒さん達からも大好評で
奥様のお菓子のフアンの方が大勢いらっしゃいます。

薄皮まんじゅうも
餡子が絶妙な焚き具合でとても美味しいです。

f0333437_17563443.jpg

陶芸教室の制作の合間に一服して頂いております。
お抹茶は神楽坂のお茶屋さんのもの。

皆様への感謝と
お一人づつのお幸せを願い
お茶を点たせていただいております。

こちらは、金沢の大樋焼を模した
飴釉の茶碗。
f0333437_17563930.jpg

こちらの茶碗はこの秋の新作で
弱還元で焼成した鼠志野風の茶碗。

それにしても、感謝を込めて、、
といいながら
生徒さんの奥様へお菓子を発注させて頂くなんて
我ながら他力本願もいいところだなー
と半ば呆れております(笑)。

でもでも、私の下手なお菓子よりも
丸山さんの奥様のお菓子の方が
皆さん絶対に喜んでくださる筈(確信)!

お休みまであとひと月あまりとなりました。
皆様にはしばらくの間
ご迷惑をお掛けしてしまいますが
またの再開の日まで
のんびりお待ち頂けましたら幸いでございます。

すでに作業が終わられてしまった生徒さん達も
よろしければ一服なさりに
アトリエ方丈庵までお越しくださいね。
お待ち申しております。










[PR]
by houjyouan | 2015-11-05 18:26 | 陶芸教室

休講日のお知らせ(11月)

(11月のお休み)

11月1日(日)臨時休講

11月23日(月/祝)



*第5週目はお休みです
*月曜、金曜日は定休日です


****お知らせ****

2015年12月より産休に入らせて頂く予定です。
再開の時期は未定ですが
なるべく早くの教室の再開を考えております。
(2016年春〜初夏)
しばらくの間、ご迷惑をお掛けいたしますが
ご理解くださいましたら幸いです。
詳細はまた、こちらのページでご案内させて頂きます。


尚、11月までに切りよく作業が終わらない方の為に
12月頭に何日か施釉の時間を設けたく考えております。
また、焼成作品の受け取りの時間も設けたく考えています。
詳細は教室にてお問い合わせください。



[PR]
by houjyouan | 2015-11-01 17:54 | 陶芸教室 開講スケジュール

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

生徒さんの作品(2017年1..
at 2017-11-06 13:44

画像一覧

検索

外部リンク