<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お月見の室礼(しつらえ)

f0333437_14420076.jpg

今年は室礼(しつらえ)をきちんとやろう!
と誓ったものの、七夕での室礼から
アイデアが浮かばずに早3ヶ月が経過。。

九月九日は重陽。
中国の陰陽説では、奇数を陽の数、
偶数を陰の数と数えます。
「九」は陽数の最大の数となり
それが重なる九月九日「重陽」は
陽の極まるとてもおめでたい日となるそうです。

旧暦の九月九日は、今の10月半ばで、秋たけなわ。

ということで、ちょっと遅れましたが
重陽の室礼でございます(笑)。

久住さんに骨董市で手に入れられた
菊のお菓子の木型をお借りし
菊のお花をお月様に装飾いたしました。
今回は、信楽の古陶土に鬼板という鉄の化粧を施し
志野釉を施釉し弱還元で焼成。

菊は中国で不老長寿の薬として栽培され
菊の香りを移した菊酒を呑んで
長命を願う風習がありました。
この風習と菊の花が日本に伝わり
平安時代には宮中の行事となったそうです。

f0333437_14425882.jpg

「花より団子」になってしまいそうですが
お月見団子。

十五夜の今日、たまたま覗いた
豊田駅北口にある和菓子屋「紀伊国屋」さんで
美味しそうなお月見団子がたくさん
店頭に積み上げられていて
思わず、フラフラ〜っと
吸い寄せられるように買ってしまいましたー。

生徒さん達と美味しく頂きましたよ。


f0333437_14430501.jpg
中国では、中秋の名月には
「月餅」を満月に見立て
食す習慣があるそうですね。

先日、横浜に出掛けた際
中華街で月餅を購入。
なんでも、どこそこかのコンクールで金賞をとったとかいう。
クルミや松の実などがぎっしり入っていて
美味しい♪

中国では中秋月に家族が集まり
月を愛でながら月餅を食すそうです。

教室の生徒さん達と
仲良く切り分けて一口づつ頂きました。

(一部、山本三千子さんの室礼の本から
解説を抜粋しています。)
f0333437_14431282.jpg

陶芸には、忘れてはいけない大切な「菊」がありますね。
「菊練り」

粘土の固まりを均等な堅さ、また粘土中の空気を抜いて
砲弾状の形に練り上げていく土練りの方法です。

たくさん付けている菊の花びらのように
細やかにヒダを付けて練り上げていきますが
「菊練り三年」という言葉があるとおり
一朝一夕ではなかなか習得できない
独特な練り方です。

明日28日はスーパームーンだそうですよ。

お月様を待ちながら
粘土を練ってみるのも悪くないかも知れません。
さあ、次なる注文品でも取り掛かるといたしますか。



[PR]
by houjyouan | 2015-09-27 16:06 | 日々のこと

休講日のお知らせ(10月)

(10月のお休み)

10月3日(土)午後クラス (団体様のご予約で定員になりました)
       午前クラスは通常通り開講いたします。
10月12日(月/祝)

10月14日(水) 臨時休業

10月25日(日)午後クラス
       午前クラスは通常通り開講いたします。


第5週目はお休みとなります。
10月29日(木)10月31日(土)


*第5週目はお休みです
*月曜、金曜日は定休日です


****お知らせ****

2015年12月より産休に入らせて頂く予定です。
再開の時期は未定ですが
なるべく早くの教室の再開を考えております。
(2016年春〜初夏)
しばらくの間、ご迷惑をお掛けいたしますが
ご理解くださいましたら幸いです。
詳細はまた、こちらのページでご案内させて頂きます。



尚、11月までに切りよく作業が終わらない方の為に
12月頭に何日か施釉の時間を設けたく考えております。
また、焼成作品の受け取りの時間も設けたく考えています。
また詳細は教室にてお問い合わせください。








[PR]
by houjyouan | 2015-09-27 15:11 | 陶芸教室 開講スケジュール

帰去来

f0333437_13021900.jpg

シルバーウィークは晴天がひろがり
絶好の行楽日和でしたね。

1日を除き、お仕事でしたが
貴重なお休みの一日は
横浜を散策してきました。

ベイエリアを見渡せる公園のベンチで
お弁当をひろげてのランチ。
木陰の風が心地よく
最高に気持ちいい♪

f0333437_13020945.jpg

北京オリンピックの開会式で
花火の演出にかかわったことでも知られる
現代美術家のスーパースターとも称される
蔡國強(ツァイ・グオチャン)。

先日、火薬ドローイングの
創作風景をTVで偶然見て興味を持ち
横浜美術館で開催されている展覧会へ足を運んできました。

写真は、美術館のエントランスホールに掲げられてる
巨大な火薬ドローイング
「夜桜」。

横浜市民のボランティアも一緒に制作。
美術館のエントランスホールで
火薬を爆発させ完成させたもの。
(よくも、屋内で大量の火薬を爆発させ
消防法などでひっかからなかった、
と変なところで感心しちゃいます、笑)

*****

蔡國強の作品は火薬の爆発により
生み出される絵画や、花火
また、壮大なスケールのインスタレーションなどで知られる。

火薬や漢方といった中国の伝統文化に由来する素材を
作品に取り入れ、風水の思想を作品の根底に据えるなどして
東洋的世界観とスペクタルとが融合するその作品は
世界的にも高い評価を受けている。
(横浜美術館 解説より抜粋)

*****

写真がなく残念なのですが
磁器のレリーフの作品「春夏秋冬」がまた素晴らしい!

火薬をつかった、その爆発的なエネルギーに圧倒されつつも
四季折々の草花や鳥、そして昆虫などの
繊細な磁器のレリーフに息を呑む。
火薬で炭化された作品は水墨画のようでもあり
炭化された瞬間に
永遠にその美しさと命を留めておくことを許されたかのようでもあり。

なんて神々しい作品なのでしょう。

240ピースの磁器レリーフの前で
しばし立ち尽くす。
f0333437_13021618.jpg

日本初公開となる近年の代表作「壁撞き」(かべつき)。

99匹もの狼のレプリカが一斉に同じ方向にある
見えない壁に向かい失踪しては飛び
その壁に阻まれて崩れ落ちてはまた走り続けるという
全長40メートルにも及ぶ大作。

展示会場に一歩入ると
まずそのスケール感に
「圧巻」の一言。

展示室奥手にはガラスの板(見えざる壁)が設置。
それに向かい狼達は空を飛び突進するのですが
その見えざる壁の高さは
かつて東西ドイツを分離していた
ベルリンの壁と同じに設定されているそうです。

そして、「99」というのは
中国の道教において
「永遠に循環する」という意味をもつ数字だそう。

「狼」は英雄、正義、孤独の象徴とされ
東洋では神格化されることもある。

*****

狼たちはガラスの壁に当たって落下するが
立ち上がり群れの後ろについて何度でも壁に向かって挑みかかる。
私たちの周囲には、文化や思想の目に見えない壁があります。
狼たちはその壁を越えようと、あきらめずに挑戦し続けているようにも見えます。
「見えざる壁」に挑み続けるオオカミの姿は、人間社会を象徴しているかのようです。
(横浜美術館 解説より抜粋)

*****

その創意のメッセージを知り
展示会場の狼たちと一緒に同じ方向に歩き始めると
なんだか群れの中の1匹になったような感じになり
身体中がゾクゾクしました。


f0333437_13022275.jpg

*****
タイトルの「帰去来」は
中国の詩人、陶淵明
「帰去来辞」から引用しています。

官職を辞して、故郷に帰り田園に生きる決意を表したこの詩は
現実を見つめ、己の正しい道に戻り
自然に身をゆだねる自由な精神を謳っています。
泉州から日本を経てニューヨークへ渡り
華々しい活動を続ける蔡が、
アーティストとして自由な創作を開始した日本という原点に戻るという意味が
タイトルに示されています。
また、同時に人間としての原点への問いも含まれています。
(横浜美術館 解説より抜粋)
*****

蔡國強氏の作品からのメッセージ性があまりにも強烈だったのか
この日の夜は、99匹の狼達と
走り回る夢をみました。

その昔、以前務めていた職場で流行った!?
「動物占い」というものがあり
私は「狼」だと占ってもらったことがありました。
その特性を言い当てられていたことを覚えているのですが
それ以来、「狼」は他人事に思えないのです(笑)。

蔡國強展「帰去来」
2015年10月18日まで開催。
秋の横浜散策がてら横浜美術館
是非、オススメです!








[PR]
by houjyouan | 2015-09-23 14:27 | 日々のこと

陶芸体験教室 〜子供教室2015〜

f0333437_21550493.jpeg
新学期もはじまり早2週間あまり。
今年もたくさんの子供達が
夏休みの子供教室に参加くださいました。

その中の一部の作品を紹介させて頂きます。

親子で鳥が大好きだというCくん。
鳥籠風のランプシェードをつくりました。
ボールの内側に薄いタタラ板の粘土を貼付けて
少し乾燥させて型から外します。
その後は、籠目をくり抜いてゆきますが
小学校6年生のCくんには少し難しかったかな。
お母さんにも少し手伝って頂いて
とても素敵な作品に仕上がりましたね。

蚊遣りとしても
またキャンドルホルダーとしても楽しめます。

f0333437_21550771.jpeg
はるばる板橋からやってきてくれた
小学4年生の甥っ子のT君。

毎年、陶芸をしたがってくれていたらしいのですが
やっと今夏は実現しましたね。

靴の植木鉢をつくりました。
穴に紐靴を通せるようにして
バスケットシューズっぽく。

植木は何を植えたかのかな?

f0333437_21545664.jpeg
こちらは、今年で体験講座2回目の小学2年生のYちゃんと
初参加の小学入学前のMちゃん。

Yちゃんは、猫の貯金箱。
猫の肉球をちりばめて猫人形も飾りました。
500円貯金がきるように
サイズを計ってつくりました。
たくさんお金が溜まりそうです(笑)。

Mちゃんは珈琲碗皿。
庭から小さな葉っぱをつんで葉脈をつけたり
クッキーの型をつかってお花の形を
アップリケのようにしたり。
とても女の子らしい作品になりましたね。

f0333437_21550187.jpeg

こちらは、今年で3年目のご参加のSちゃん。
昨年に引き続き猫の時計を制作しました。
今年は親子の猫のモチーフです。
印花という素焼きの粘土でつくってある
花柄の陶印をたくさん押印してもらいました。

少し大人っぽい雰囲気になりましたね。

f0333437_21551104.jpeg

こちらは今年初参加の小学入学前のKくん。
2年前にお姉ちゃんのNちゃんのつくられた
蚊遣り兼ランプシェードが好評で
その色違いを制作してもらいました。

星形のクッキー型でたくさんの星をつくり
ボールの内側に貼付けてゆく技法です。
受け皿にはライオンの絵入りです。

暗いお部屋でロウソクを灯してもらうと
お部屋の中が星空のプラネタリウムみたいになりそうですね。

可愛いお客様達と
今年もワイワイ、キャーキャーいいながら
賑やかで楽しい作品が誕生しました。


[PR]
by houjyouan | 2015-09-15 19:06 | 体験教室

米寿祝い

f0333437_17045402.jpg

真夏から晩秋へ
一気に季節がすすんでしまったような
夏の終わり。

1週間程、遅い夏休みを頂いておりました。
自宅で飼っている心臓病を抱える猫の世話のため
今夏は旅行を取りやめ
美術館巡りをしておりました。

学生以来です、一日に3館もの美術館を巡るのは。。
先日は千葉までルーシー・リー展へ行ってまいりました。

f0333437_17034919.jpg

夏休み明けの、初仕事。
豊田駅で開業医をされ
今は引退されていらっつしゃるNドクター。

2年前にアトリエ方丈庵を訪ねていらした時は85歳。
アトリエ方丈庵の最高齢の生徒さんです。

今年88歳の米寿のお祝い品として
ゴルフコンペで配られる
記念品の発注を頂いておりました。

志野風のぐい呑みです。
Nドクターとの合作品です。

信楽のざっくりとした古陶土に
高台脇は鬼板という鉄の顔料を湿布し
還元にて焼成。

なかなか素敵な雰囲気に焼き上がり
Nドクターも奥様も
とても気に入ってくださり一安心。

f0333437_17035366.jpg

箱書きは、Nドクター自ら記して頂きましたよ。
蓋裏には銘を。

f0333437_17035651.jpg

そして、最後に方丈庵の焼き印を押して
完成!

88歳になられても
少年のような目の輝きと
旺盛な好奇心をお持ちのNドクター。

これからも素敵な作品をつくり続けて頂きたいです。
どうかいつまでもお元気で
そして長生きなさって欲しいです。

米寿おめでとうございます!






[PR]
by houjyouan | 2015-09-03 17:20 | 日々のこと

お休みのお知らせ

****お知らせ****

2015年12月より産休に入らせて頂く予定です。
再開の時期は未定ですが
なるべく早くの教室の再開を考えております。
(2016年春〜初夏)
しばらくの間、ご迷惑をお掛けいたしますが
ご理解くださいましたら幸いです。
詳細はまた、こちらのページでご案内させて頂きます。




[PR]
by houjyouan | 2015-09-01 15:15 | 陶芸教室

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

生徒さんの作品(2017年8月)
at 2017-09-14 22:53

画像一覧

検索

外部リンク