<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おもてなし

f0333437_15363487.jpg

着付けをご指導頂いております
忍子先生からお宅にお招き頂きました。

この日、他のメンバーはお昼過ぎに集合。
私の方は、教室仕事が終わってからだったので
結局夕方近くのご訪問になってしまいました。

f0333437_15363924.jpg

丁度、到着した頃、浴衣の着付けの自習中。
皆が、帯がこうでもない、ああでもない
とやっている最中
一人少し遅い昼食を頂いちゃいました。

なんて素晴らしいお料理の数々でしょう!

f0333437_15364302.jpg

忍子先生の、心のこもった手料理。
「おもてなし」の心を感じ一口づつ噛み締めます。
器、盛りつけ、お味付け
全てが完璧でなんて美味しいのでしょう!

f0333437_15364966.jpg

忍子先生も大の骨董好き。
器はほとんどが年代物ばかり。
デザート皿の古九谷もとても美しい!

デザートの後に
忍子先生ご自身が夏着物を着付けるところを
皆で見学させて頂きお開きとなりました。

忍子先生が先日の骨董市で入手された
素敵な白地の小紋の着物を譲って頂けるとのこと。
こんな素敵な着物を粋に着こなせる様
着付けのお稽古も増々精進しなくては、、

結局この日、私は着物に袖を通すことはなかったのですが
お腹を満たし、色々な道具を拝見させて頂き
贅沢なひと時を過ごさせて頂きました。

忍子先生ありがとうございました。







[PR]
by houjyouan | 2015-07-26 15:51 | Cafe方丈庵

カリーナ♪

f0333437_18271026.jpg

「一年前の約束を果たしてもいいですか?」と
日曜日の午後の教室
道具などを片付け終わった白田千夏さん。

「えっ?えっ??何?」
と首をかしげる私の前で
バイオリンケースを開ける白田さん。

f0333437_18272321.jpg

「happy birthday」
美しい音色でした。

1年半前にはじめられたバイオリン。
その際、来年の先生の誕生日には
バースデーソングを弾けるようになりますね、
と可愛いことを言ってくださった事、思い出しました。

遅くなりましたが、、と少し恥ずかしそうに
弾いてくださるそのお姿は
バイオリンを構える立ち姿もなかなかサマになっていて
優しい横顔。

こんなに嬉しいお祝いがあるでしょうか♪
1週間前は夏風邪で絶不調の誕生日でしたが
今日は、それを挽回できる嬉しいサプライズでした。

因みに、「カリーナ」とは
白田さんが、このバイオリンに付けた名前。
イタリア語で「可愛い」を意味するそうです。

はじめてこのバイオリンに出会った時に
可愛い猫に見えたのだそうですよ。

きっと白田さんの人生にずっと寄り添う
美しい鳴き声の可愛いパートナーの
猫であり続けるのでしょうね。

千夏さん、ありがとう。
来年は、是非、豊田駅から演奏してきてくださいね(笑)。







[PR]
by houjyouan | 2015-07-19 18:42 | 日々のこと

休講日のお知らせ(8月/夏休み)

こちらのブログでは、毎月の教室のお休みを掲示しています。
陶芸教室の通常の開講スケジュールは
アトリエ方丈庵ホームページのトップページ
陶芸教室のご案内→開講日時のご案内をご覧ください。

(8月のお休み)

どの曜日も毎月4回づつの開講ですが
8月のみ土日に限り月3回づつの開講とさせて頂きます。

下記をお休みとさせて頂きます。

8月9日(日)
8月15日(土)
8月29日(土)
8月30日(日)

他の曜日、火、水、木は月4回の開講予定です。

*第5週目はお休みです
*月曜、金曜日は定休日です


[PR]
by houjyouan | 2015-07-19 17:58 | 陶芸教室 開講スケジュール

夏の薬膳

f0333437_20512735.jpeg

薬膳講座もはやいもので今回で3回目。

陶芸教室の生徒さんであり
管理栄養士さんであり
薬膳のお勉強もされ、その方面でも
活躍されていらっしゃる濱名さんによるアトリエ方丈庵での
薬膳講座も第三回目です。

f0333437_20513595.jpeg
今回のお題は「夏の薬膳」
夏の中には梅雨も含みます。

「時により、地により、人による」
という言葉から講座がはじまりました。

毎回感じることですが
薬膳というのは、とても哲学的で思想的だな、といこと。

濱名さんご自身もおっしゃられていましたが
昔からあるおばあちゃんの智恵みたいなものが
きちんと裏付けされ
何故そうなのか全てきちんとした理由がある、
ということに魅力を感じる、と。

f0333437_20513019.jpeg
薬膳を勉強しているうちに
難しいことではなく
自然的で、とても優しい考えで、そして
昔から当たり前にやってきたことが多いな、ということに
気づかされます。

そして「心」と深く、強くつながっている、ということも。
「病は気から」はもっともなこと。

f0333437_20513209.jpeg
今回も濱名さんのオリジナルレシピにより
夏の薬膳のメニューを紹介。
そして講義の後、皆さんで美味しく試食会。

皆さんの夏のトラブル、また体調で気になっている事
などお一人づつ簡単なカウンセリングを含め
美味しくお食事会がすすんでゆきます。

今回は、濱名さんの特別メニューがもう1品
残念ながらそれはご紹介できないのですが
とても美味しい一品でした。

f0333437_20513813.jpeg

実は、この薬膳講座の前日から
喉が焼けるように痛みだし
どうやら夏風邪にやられてしまったようなのです。
この日は、熱っぽく、かなり不調であったのですが
濱名さんが、即席で喉の痛み、炎症にいいものがあると
ミントに熱い緑茶を注ぎ入れたものを
出してくださいました。
とても爽やかな喉ごしで
熱を持った喉がクールダウンしてゆくようです。

前日からは食欲も減退していましたが
濱名さんの薬膳はおかわりしてしまうほど(笑)
そのお陰か、翌日の休日はおとなしく養生し
教室仕事を休むことなく復活できました。


通年通して、心の調整、体調のやりくり上手になれるよう
さらに勉強してゆきたく思います。

夏の乗り切り方のヒントをたくさん教えて頂きました。
夏は「発散」の季節だそうです。
精神的にも我慢をして溜め込まず
気分を発散させ
適度に日光にも当たり
汗も適度にかくといいそうです!









[PR]
by houjyouan | 2015-07-15 14:25 | 薬膳

漱石と猫〜三代の黒猫〜

f0333437_22580387.jpg

アトリエ方丈庵を設立した2000年秋
荒れ放題だったアトリエ庭に
ふらっと野良猫が1匹現れました。
とても警戒心が強く
撫でさせてもらえるまでに数ヶ月の時間を要しました。

猫を飼った経験もなく
その警戒心の強さに戸惑いながらも
少しづつ信頼関係を築いてゆけることへの
楽しみもささやかな幸せでした。

その当時通っていたある生徒さんが「ジジ」
と名付けてくれました。
ジブリ映画の「魔女の宅急便」にでてくる黒猫ジジ。

上の写真は、2回目の出産を終えた頃のジジの姿。
まだ、子猫達にお乳を与えていた頃なのでふっくらしています。
アトリエのテラスで日光浴をしてご満悦な表情。

f0333437_22582595.jpg

ジジはやがて、陶芸教室の看板娘として
気まぐれなご接待で気ままに働いてくれました。
そしてその一年後
方丈庵の1周年の
記念パーティーを催している最中
小雨ふりしきる中
2匹の子猫を連れて現れました。
20名近い生徒さん達で大騒ぎしている最中にも関わらず
まるで、方丈庵の1周年のお祝いに
子猫をプレゼントしてくれたようでした。

そのうちの1匹が上の写真のフェイ。
母猫そっくりな美しいグリーンイエローの目が印象的な黒猫です。

f0333437_22582926.jpg

ジジはその翌年、アトリエの中の押し入れの中で
三回目の出産をし子猫達を育てあげると
またボヘミアン生活へと戻ってゆきました。


2代目の黒猫通信担当はジジの娘フェイが引き継ぎ
方丈庵の看板娘として働いてくれました。

が、フェイはまだ四歳という若さで突然天国へ旅立ちました。


f0333437_22583756.jpg


フェイを失った哀しみに打ちひしがれていた頃
おとぎ話のようなのですが
フェイそっくりな野良猫が
自宅庭に現れました。
丁度、フェイの四十九日の頃です。
今でもこの出会いに不思議なものを感じるのです。

この子が現在一緒に暮らすベリー。
フェイにそっくりな美しい目をした黒猫です。
現在の黒猫通信担当
三代目。
f0333437_22584074.jpg

「我が輩は猫である」
も夏目漱石が可愛がっていた黒猫がモデルだとか。

昨夜放送されたNHKの歴史秘話ヒストリア
「夏目漱石の妻と猫」
とても興味深かったです。


初代の黒猫が亡くなった後も
夏目家もその後何代にも渡り
福猫と云われる爪まで黒い福猫を
飼い続けたそうです。

精神病を患っていた漱石自身を癒し
漱石に小説を書かせ
家族の絆を深めた黒猫の存在。

私の傍にも既に15年近く
ずっと猫達が、黒猫が寄り添ってくれていることになります。
うれし涙も、哀しい涙も
優しく拭ってきてくれた優しい子達。
私も、夏目家のように
これからも欠かす事無く猫と暮らしてゆきたいと
心の底から願っています。

ジジ、フェイ、ありがとう。

メル、ベリー、ソラ、モモ
これからもずっとずっと
よろしくね。








[PR]
by houjyouan | 2015-07-02 23:33 | 黒猫通信

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

生徒さんの作品(2017年8月)
at 2017-09-14 22:53

画像一覧

検索

外部リンク