カテゴリ:Cafe方丈庵( 26 )

焼き鳥パーティー

f0333437_23200532.jpg

数日前の雨の予報が覆り
この日はいいお天気に恵まれました。
参加者の皆様の日頃の行いですねー。

教室の生徒さんで
中野にある焼き鳥屋「孝」の店主
鵜飼さんによる出張焼き鳥パーティー。

f0333437_23201285.jpg

この日は生徒さんのご家族や
子供さん、お孫ちゃんなども含め
総勢30名近くが参加され
賑やかな一日となりました。

f0333437_23281428.jpg

アトリエ方丈庵、最年少の生徒さん
Tくんはじめ
鵜飼さんの子供さんや
過去に体験教室に参加された子供さん達も集まり
平均年齢がぐぐぐっと下がりましたよ(笑)
この写真だけみると
まるで児童館みたいですね(笑)

f0333437_23283055.jpg

来月、展示予定の神楽坂にあるビストロ
「ルバイアート」を経営する友人夫妻も
レストラン直営のワイナリーの
山梨ワインを持って駆けつけてくれました!


f0333437_23283784.jpg

最年少のTくん
この日はまるで鵜飼さんの弟子のように
すばらしい働きぶりです。

Tくん自身で方丈庵ホームページをみつけて
通いたいとご両親を説得してくれたようです。
現在はお父様と一緒に通ってくれています。
今後の陶芸作品も楽しみです。

f0333437_23280248.jpg

私自身、1歳の息子と参加させて頂いたこともあり
いつものような働きができず
お料理や飲み物の分配など
上手く行き届かずにご迷惑をお掛けいたしました。

生徒さん達が有能な秘書のように
テキパキと働いてくださり
本当に助かりましたー。
お片づけもあっという間に終わり皆様の手際の良さに感動です。

この日参加した夫は
鵜飼さんの横でずっと焼き係で
ほとんど食べられなかったようなので
近くまた家族で鵜飼さんのお店に寄らせて頂きたいです。

鵜飼さん、ありがとうございました!
皆様おつかれさまでしたー♪






[PR]
by houjyouan | 2017-04-23 23:56 | Cafe方丈庵

器と料理

f0333437_20500385.jpg

はやいもので2017年があけ
ひと月が過ぎ行こうとしています。

瞬きしている間に通り過ぎてゆく日々。
サイトの更新も遅れがちでスイマセン。

昨年末のお話になるのですが
方丈庵の生徒さんである鵜飼豊士さんが
新中野でやっていらっしゃる
焼き鳥屋さんにお邪魔してきました。

焼き鳥処「孝」
新中野駅から徒歩3分ほどのところになる
地元のお客様に愛されるお店です。

f0333437_20510316.jpg

2013年の年末以来
3年ぶりにお店にお邪魔し
名物の焼き鳥を頂いてきました。

お世辞でも何でもなく
ここの焼き鳥は絶品です!
今迄食べた焼き鳥の中で一番美味しい♪
焼き加減も絶妙。
どんなお料理を頼んでも本当に美味しく
そして懐にとっっても優しいお店です。

そしてそして、 なんといっても
鵜飼さん自作の器とお料理のコラボが素晴らしいのです!

f0333437_20501919.jpg

アトリエで焼き上がったばかりの器をみているのと違い
使い込まれ、磨かれ、料理を盛りつけられ
器がしっかりと成長しているように感じられます。

トップの写真の石鯛は釣りがご趣味の
常連さんが今朝釣りあげたばかりの新鮮な肴。

鵜飼さんの自作の器と相性もばっちりです!
(器/黒泥土/黒マット釉)

f0333437_20501198.jpg

本当にこれ、鵜飼さんがつくったんだっけ?
と驚くような器に育っていて
窯出しして誰よりも一番最初に作品を見ているはずの
私が感心しきり(笑)。


(器/赤土/白化粧/石灰3号釉/伊羅保釉/還元焼成)

f0333437_20504806.jpg

この日はまだ0歳の息子と一緒に
お店にお邪魔させて頂いたのですが
お店の常連さん達のお気持ちの温かいこと!

すこしぐづりはじめた子供を
あやしてくださったり
自分の子供が幼かった時を思い出しますー
なんて言葉を掛けてくださり
皆さん本当に優しく接してくださり助かりました。

子供には、裏メニューの
つくね丼を特別につくっていただいて
離乳食はじまったばかりの子供でしたが
完食しておりました!

やはり店主のお人柄にお客様も集まり
お客様のお人柄でまたそのお店の雰囲気も
できてくるのでしょうね。

最後に、鵜飼さんが昨年せっせと制作していた
常連のお客様のお名前入りの箸置きを
私にも出してくださいました(笑)
「せんせい」
これ、色々なお客様につかえそうですよね(笑)!

美味しいお料理とお酒を
生徒さんの器でいただくひと時。
陶芸講師冥利につきますなー。

背中に子供をおぶりながら
少しほろ酔い気分の年の瀬のお話でした。










[PR]
by houjyouan | 2017-01-27 12:02 | Cafe方丈庵

新年のごあいさつ


f0333437_22231696.jpg

2017年明けましたね。

新年おめでとうございます。

今年の干支、酉(トリ)は
「取り込む」に繋がるとされ
商売繁盛に繋がると考えられています。

商売繁盛のお祭り
酉の市の熊手も有名です。

酉は(鶏)ニワトリのことをさすようで
凧を模した陶板に
鳥の象形文字を織部釉で
彩色してみました。

大空に羽ばたく鳥のように
高く遠く自由に。。
いいご縁をたくさん取り込めるような
素晴らしい一年となりますように。

アトリエ方丈庵に集う皆様が
健やかで幸せな一年となりますように
願っております。

今年もよろしくお願いいたします。









[PR]
by houjyouan | 2017-01-01 17:30 | Cafe方丈庵

日野ぶらり道

f0333437_18110188.jpg

寒暖差の激しい今秋。

一昨晩は急に悪寒がしだし
38度まで発熱し苦しみました。

生徒さんで、薬膳講座など開いてくださっている
濱名由美さんから「板藍茶」という風邪の漢方を教えて頂いて
すっかり我が家の常備薬になっています。

板藍パワーが効いたのか
一晩汗をかいて翌日には平熱に戻りました。

昨日の文化の日は気温もあがり
とてもいいお天気で
子供をおぶって
聖蹟桜ヶ丘までサイクリングロード
自転車でひとっ走り。
(あ、電動アシスト自転車ですけどね、笑)

どんなに体調不良でも
食欲が落ちないのが、私の自慢!?です。
これ、果たしていいことなのかどうなのか、微妙ですが(笑)。
現在、授乳中ということもあるのか
体育会系の男子高校生並みの食欲で
解熱した途端、モリモリご飯がすすみます。

我ながら、呆れる程元気だな、と。
食欲の秋の到来です。

f0333437_18105328.jpg

日野ケーブルさんだった頃
一度アトリエの取材に来てくださったことがありました。

約7年ぶりに、今回はJCOMさんとして
再度取材に訪れてくださいました。

今回は芸術の秋、読書の秋、という特集で
豊田駅南口にあるクラフトショップ「工房草の実」→
「アトリエ方丈庵」→「中央図書館」→カフェ「香楽」
〜日野ぶらり道〜という30分番組で
11月から一ヶ月間、放送されます。

トップの写真のお湯のみは
取材に来てくださったキャスター真由美さんの完成した作品です。

コロンとした温かみのあるかたちに
オパール釉薬が美しいですね。
美味しいお茶がいただけそうです。

JCOMの取材に来てくださった
左からキャスターの真由美さん
デレクターの鹿島さんとカメラマンさん。

我が家でもJCOMさんに加入しているのですが
調布JCOMと、日野JCOMではアンテナの関係なのか
残念ながら番組が見れず
日野市内に住む生徒さんが
番組をCDに焼いてもってきてくださいました。

前回は、音声は拾われずに
教室の風景の画像だけ撮影いただき
アナウンスを付けていただいたのですが
今回はキャスターの方の体験講座の様子も撮影くださることもあり
ピンマイクを付けて音声も拾われたので緊張しました!

イメージしている自分の声との差に違和感を覚え
ましてや、自分の姿を映像で見るのって
本当にガッカリするのです。

番組を見て
可愛い真由美キャスターの横で
だるまさんのような私にため息。。
食欲の秋と喜んでいないで
もう少し自分磨きをしなくては、と猛省するのでした(笑)。

緑ゆたかなアトリエ方丈庵の雰囲気を素敵に撮影くださいました。
日野市内にお住まいのJCOMさんに加入されていらっしゃる方は
一度、「ひのぶらり道」ご覧になってみてくださいね。






[PR]
by houjyouan | 2016-11-04 19:36 | Cafe方丈庵

♪Happy Birthday to You♪

f0333437_17312975.jpg
昨日、今年はじめて
蝉の鳴き声を確認しました。
いよいよ本格的な夏の到来ですね。

私の誕生日と一日違いの
岩橋晴男さんが飼っていらっしゃる
ダルメシアン4匹の仔犬ちゃん達。

今年の7月で満1歳になるそうです。
この可愛い仔犬達を産んだ
お母さん犬のティアラちゃんも同じ7月産まれ。

お産が軽く多産で知られる犬は
安産の神様。
戌の日にとりおこなう安産祈願も
その由来からくるようです。

昨年の今頃は、私自身安定期に入る前で
岩橋さんから無事にティアラちゃんから
4匹の可愛い子犬が産まれたというご報告と
下記の画像をメールで送って頂き
この写真は私にとって安産のお守りでした。

f0333437_17313436.jpg

しかし、なあんて可愛いのでしょう!
ダルメシアンといえば
ディズニー映画101匹わんちゃんですよね!
白黒の模様が特徴的ですが
産まれたてはブチがなく
ほんのりピンク色をしていて
子豚ちゃんみたいなんですね(笑)!


アトリエ方丈庵にて
薬膳をご指導いただいている濱名由美さん。

今年から人間に留まらず
動物病院の先生からも依頼され
わんちゃん用の薬膳おやつを開発。
手づくりで制作及び販売されているそうです。

そんなお話をうかがった岩橋さんが
濱名さんに早速愛犬のバースデーケーキをご注文!

最初の画像が
濱名さん制作のわんちゃん用のケーキ。
鶏肉やたくさんのお野菜をベースに
じゃがいもでコーティング。
デコレーションもシックでさすがのセンスです!
人間も一緒に食べられるそうです。

人間の数倍の早さで年をとる犬や猫たち。
アンチエイジングケアを心掛け
人間と同じように健康寿命を延ばし
愛おしい時間を少しでもながく
一緒に過ごせますように。
濱名由美さんの思いが込められたバースデーケーキ。


f0333437_17313881.jpg
7月の最初の日曜日の教室の日。
白田千夏さんが
先生の誕生日に今年も一曲演奏させてください♪と
バイオリンを背負って教室においでくださいました。

♪Happy Birthday to You♪

2年前、バイオリンをはじめられた際に
来年の先生の誕生日には
一曲奏でられるように練習しますね、という約束を
昨年に続き今年も果たしてくださいました。
なあんて可愛い誕生日祝いでしょう。

f0333437_17314169.jpg

1年ぶりに再会した
千夏さんのバイオリン
カリーナちゃん。

昨年よりも今年
そして今年よりも来年と
年を重ねるごとに
艶やかに
深みのある音色を奏でられる
バイオリンのように
私自身、年齢を重ねてゆきたいと
そう願う夏のはじめです。





[PR]
by houjyouan | 2016-07-14 23:47 | Cafe方丈庵

母の味

f0333437_12062792.jpg

長島とし子さんの作品。
お嬢さんの美和さんと教室の開講当初から長く通って頂いています。
こちらの蓋物は、お嬢さんの美和さんとお揃いのシリーズ。
本当に仲の良い素敵な母娘です。

長島さんのお宅の食器棚は
全てお手製の素敵な器ばかり。
小学生の同級生が年に数回長島さんのお宅に集まっては
お手製の器に、手づくりのお料理を盛りつけ
おもてなしをするのだそうです。

f0333437_12063216.jpg

かつて4年近くも、教室にいらっしゃる度
お嬢さんの美和さんの分とのついでに、、と
週に一度お弁当をつくってくださっておりました。

本当に有り難いことです。

f0333437_12064412.jpg

そして、美和さんのご結婚と同時に
私へのお弁当も卒業となった、筈でした。
が、「りえさん、よければお弁当食べてくれないかしら?」
としばらくして申し出てくださって。。
な〜んて有り難い申し出でしょう。

「お料理を食べてくれる人が居ないとつまらないのよ。。」
と長島さん。

f0333437_12064136.jpg

四季折々の旬の素材
ご自宅で育てている家庭菜園の無農薬野菜。
そして手の込んだお料理の数々。

美味しく頂きました〜と
メールでお礼を伝えると毎回
「いつも美味しいって、食べてくれてこちらこそありがとう」
とお返事がかえってきます。

嬉しくて泣けてきます。

f0333437_12064872.jpg

月に一度のお楽しみ♪
人につくってもらった料理って
どうしてこんなにも美味しいのでしょう。
でもそれだけではないのですよね、
愛情が入っているから
長島さんのお料理は特別美味しいのですよね。

もうすっかり胃袋掴まれております(笑)。
私のお袋の味。

只今、授乳、オムツ変えと夜泣きの繰り返しで
3度の食事もなかなか時間がとれません。
そんな中、長島さんの母の味が恋しくてたまりません。

作品紹介の筈が、お料理の紹介になってしまいました、ね。



[PR]
by houjyouan | 2016-02-16 13:13 | Cafe方丈庵

見納め、食べ納め(その3)

f0333437_09391117.jpg

先輩ママたちから口々に
「今のうちに行きたいお店に行って
食べたいもの食べといたほうがいいよ〜」
と言われております。

そのアドバイス通り!?
仕事がお休みに入ってからは
高校や大学時代の友人たちに付き合ってもらって
前から気になっていたお店にて食べ納め。

ただ、臨月も間近ですと行動範囲も限られ
この日は地元の名店に付き合ってもらいました。

f0333437_09390817.jpg
陶芸教室の生徒さん達の何人かは
私と同じ調布市に暮らしていて
以前からすすめてくださっていた
調布市国領にあるイタリアン
「ドン・ブラボー」

ランチから予約でいっぱい。
薪窯で焼くヨーグルトの酵母でつくられたという
お手製ピッツアは生地がモチモチで
とっても美味しい♩

パスタにもピッツアにも
旬の新鮮野菜がふんだんに入っていて
見た目も美しい大満足のランチコースでした。

噂通りの、それ以上の美味しさでした。


f0333437_09391913.jpg
ランチの後のティータイムには
調布ではちょっと有名な!?
手紙社という会社が手掛ける
カフェと雑貨屋の「手紙舎」。

少し辺鄙な場所にありますが
一度行ったらフアンになる人続出。

私も可愛いセンスある雑貨にトキメキっぱなし。
魅力的な絵本や美術書など
片っ端から全部読みたくなってしまいました(笑)。

柴崎にあるカフェは1階と2階とあり
今回は2階のギャラリースペースと
隣り合わせにあるカフェでお茶にしました。

濃厚なガトーショコラにフランスの岩塩を
少しつけていただくと
また大人っぽいビターな甘さになり
癖になりそうな美味しさ。

大学時代の友人とお昼過ぎから
すっかり日没まで
まだ喋り足りないくらい(笑)。
今日は1日付き合ってくれてありがとう、美紀♩

いつか、手紙舎さんのギャラリーでも
個展が開催できたら、と夢を膨らませております。


f0333437_09352363.jpg
こちらもずっ〜と以前から食べてみたかった
クリームパンケーキ。
教室の生徒さんが働いているお店の一番人気!

あるタレントさんがプライベートで立ちより
その美味しさをSNSで紹介したところ
瞬く間に人気に火がついたそうです。

よくお店の近くを車で通っていたものの
なかなか行くきっかけがなく
出産前ギリギリで願いが叶いました〜。

見た目よりもあっさり
夫とシェアしたからか
ペロッと平らげてしまいましたよ〜。

この数ヶ月間は
美術館、博物館、ミュージカル、音楽会と
目にも、心にも、そしてお腹にも(笑)
栄養たっぷり補給できました。
これで思い残すことなく!?
大仕事に臨めそうです〜!

体重増加だけが気になります(汗)。



[PR]
by houjyouan | 2016-01-10 05:53 | Cafe方丈庵

見納め、食べ納め(その1)

f0333437_09470082.jpg
新年おめでとうございます。

どど〜ん、と
ニキ・ド・サンファルの「ブッダ」
高さ3メートルを超える大迫力の仏像。

昨年秋に観た
六本木の新国立美術館でのニキの展覧会。

2015年はとにかく美術館、博物館によく通いました。
身二つになったらしばらくはできないことを
思う存分しておこうと考え
休日は3か所もの美術館をハシゴした日も。

我ながら元気な妊婦でありました。

f0333437_09470985.jpg

ニキの作品「翼を広げたフクロウの椅子」
会場内で撮影が許された作品2点だけ激写。

昨年頃からすっかりフクロウの魅力に目覚め
自身でもフクロウのモチーフを制作したり
写真集を眺めたり。
巷ではフクロウカフェなるものまで出現しましたね。

ニキの晩年の作品が好きです。

幼少の頃に受けた父からの虐待や
自身の母親の生き方などから
女性であることに苦しみもがき抗い
制作していた若い頃の作品からは
鋭い毒と深く暗い闇を感じます。

女性であることを肯定し
女性性を崇めその美しさを認め始めた頃から
晩年にかけての作品は、その毒や闇が浄化され
神々しい感じさえしました。

f0333437_09353792.jpg

六本木の新国立美術館から徒歩10分ほどで
取引のある赤坂の鮨石井に行けます。

美術展は広い会場を歩いて
お腹も空き、喉もカラカラ。

石井さんが、禁酒中の私のために用意してくださったのが
ホッピー。
知らなかったのですが、ホッピーって清涼飲料水だったのですね。
(アルコール含有量は1パーセント未満)
人生初のホッピーデビューです。

想像していた以上に麦芽の香は豊かで
思いの外美味しかったです(笑)。

実は、調布の自宅のご近所に
ホッピーの工場があるのです。
調布ビールや深大寺ビールなどの
クラフトビールも製造しています。

本社は赤坂のTBSの向かいにあるそうで
石井さんのところともご縁があるようです。


f0333437_09354818.jpg

最近の新作のサンプル品。
ブロンズ釉薬の実験段階で作った器に
盛り付けてくださいました。

お〜美しい!
う〜ん、美味しい♩

f0333437_09354124.jpg

こちらは荒い赤土に白化粧を施し
還元焼成で焼いたもの。
ただ、数カ所に亀裂が入ってしまったため
金繕いをしてみたところ
それがかえって味となったようです。

やはりアトリエで見ているよりも
こうして職人さんに新鮮なネタを盛り付けていただくと
お皿も違って見えますね〜。


f0333437_09360154.jpg

お任せのランチコースで
お腹いっぱいいただきました。

f0333437_09360664.jpg

カウンター脇に三日月の掛け花入を
飾っていただいています。

子供が産まれたら
カウンターのお鮨屋さんに来ることは
しばらくお預けですね。
行けたとしても廻っているお寿司屋さんかな(笑)







[PR]
by houjyouan | 2016-01-07 16:46 | Cafe方丈庵

10周年の思い出と5年間の思い

f0333437_19362093.jpeg

2015年もいよいよ今日で幕を下ろします。
皆様にとってどのような一年でしたか?


懐かしい写真。

今から5年前の
アトリエ方丈庵10周年の集いの際のもの。

あれから驚くべきスピードで年月は過ぎ行き
今年、アトリエ方丈庵は
15歳の誕生日を迎えることができました。

f0333437_19361402.jpeg

皆さんにとって、どのような5年間でしたか?
5年前に、果たして
今の自分が想像できましたか?

私にとって、この5年間は
とてもエキサイティングでもあり
そして、今迄の人生で経験したことのないような
穏やかな日々を送れたような気がしています。

私にとっての一番の財産は
アトリエ方丈庵で出会った
たくさんの素敵なご縁です。
皆様とのご縁に感謝で一杯です。


f0333437_19355883.jpeg

この5年間の間に
皆様さまざまな経験と思いがありましたね。

生徒さん達とともに
時に泣き笑いしながら
愚痴を言い合ったり
慰め合ったりしながらも
前に前に進んでこれた数年間でした。

f0333437_19360894.jpeg
赤坂の鮨石井の大将が
この日はアトリエ方丈庵まで
特別に握りに来てくださいました。
美味しかったな〜♪

f0333437_19355503.jpeg

たくさん呑んで
たくさん食べて
たくさん笑い、語り合いましたね。

ヨダレでてきちゃいそうですねー(笑)。


f0333437_19361666.jpeg

15年前に
今の自分や
とりまく環境を想像できなかったように
これから先の5年、10年先も
きっと予測不可能で
色々なことが待ち受けているのだと思います。


f0333437_19355280.jpeg

2016年はまた新しいステージが用意されていて
私自身も、そして15歳になった方丈庵も
次のステージに向けて
ゆっくりでも歩いてゆけたらと思っています。

f0333437_19360460.jpeg

「やきもの」を通して
色々な事を学ばせて頂いてきた15年間でした。

たくさんの失敗も
たくさんのサンプル品も
時には終電間際まで取り組んだ制作も
自分の血となり肉となっている筈で。

f0333437_19354851.jpeg

自分の目指しているもの作り
表現にいつになったら手が届くのか。

生徒さん達、皆さんの満足のいく作品作りのお手伝いも
どうしたら近づけられるのか。
自問自答の日々です。


陶芸教室の主宰者として
まだまだ勉強不足で技術的にも未熟な面も多く
課題は山積ですが

5年後、10年後、20年後、30年後も
こうして皆様と一緒に
笑っていられますように。

アトリエ方丈庵に集う皆様にとって
2016年も素晴らしい一年になりますように。





[PR]
by houjyouan | 2015-12-31 11:26 | Cafe方丈庵

15周年マンスリー

f0333437_12451132.jpg

立冬も過ぎ、はやくも年の瀬の声が聞こえてきました。

産休まであと2週間近く。
その前に皆さんの作品を焼き上げるべく
タイトな窯スケジュールをこなしております。
(個展前よりもハードだったり、汗)

アトリエ方丈庵15周年の感謝を込め
今月は丸山さんの奥様に
お菓子を特別にプロデュース頂き
制作頂き皆様へ召し上がって頂いております。

第二弾は酒粕まんじゅう。
方丈庵の焼き印入り。

f0333437_12451714.jpg
制作の合間に
お抹茶を一服差し上げております。

お抹茶茶碗は
半磁土に真珠ラスター彩を施したもの。
茶碗には珍しいキラキラとした雰囲気に。

一口頂くとほんのり酒粕の薫りが!
餡子の甘さも控えめに
とても美味しい酒粕まんじゅうです。



f0333437_12452435.jpg
そしてそして最終週の創作お菓子は、、、
ご来庵になってからのお楽しみ♪


今日も、大きな窯では素焼き窯
小さな窯では土鍋窯を
乾燥が甘い状態での焼成に
ハラハラドキドキ。
心臓と胎教によくない気もいたしますが(笑)

残り2週間、皆様のご来庵をお待ちしております。



[PR]
by houjyouan | 2015-11-18 12:59 | Cafe方丈庵

陶芸教室『アトリエ方丈庵』

東京日野市にある陶芸教室「アトリエ方丈庵」。多摩丘陵を一望できる緑豊かな高台にあります。アトリエに集う生徒さん達の陶芸作品、 手づくりのお料理やお菓子など紹介。 日々の事、器のこと、猫のことなど綴ります。焼きもの作家くつわだりえの作品、個展の紹介もしています。


by houjyouan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

陶芸教室『アトリエ方丈庵』HP

カテゴリ

全体
陶芸教室 開講スケジュール
陶芸教室
個展、作品展のお知らせ
体験教室
黒猫通信
Cafe方丈庵
日々のこと
金繕い
器のこと
くつわだりえ作品*2014年
くつわだりえ作品*2013年
くつわだりえ作品*2011年
くつわだりえ作品*2012年
くつわだりえ作品*2010年
くつわだりえ作品*2009年
くつわだりえ作品*2008年
くつわだりえ作品*2007年
くつわだりえ プロフィール
生徒さん作品*2017年
生徒さん作品*2016年
生徒さん作品 *2015年
生徒さん作品 *2014年
生徒さん作品 *2012年
生徒さん作品 *2011年
生徒さん作品 *2010年
生徒さん作品 *2009年
生徒さん作品 *2008年
生徒さんの声
薬膳
着物
師(故 大松卓矢)

最新の記事

生徒さんの作品(2017年7..
at 2017-07-03 23:02

画像一覧

検索

外部リンク